2007年12月19日水曜日

島々

そうそう、
大忙しだったから、blogに書いていなかったけれど、
11月はいろんなところへ行きました。

一番遠くは香川県の「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」
そして直島、高松、大阪、京都、伊勢、名古屋。

行った先々で、素敵な心うたれる景色がありました。

直島では、「アートとコメの収穫祭」
というイベントに参加してきました。
シンポジウムでもフラムさん達がおっしゃっていた、
「瀬戸内の景色は本当に美しい」と。


ほんとにほんとに美しかったのです。

行きも帰りも船は夜だったのだけれど、
満月に近いあかるい月が出ていて、
その月明かりが瀬戸内海の静かな海面をぼんやりと照らし
小さな島々をきれいなシルエットで浮かび上げていました。

心地よい船のゆれがその景色の中へすいこんでいくような、
遠い昔の人もこの景色と同じような景色をみていたのだろうな。
と、想像してみたり。

また、あの景色をみに瀬戸内へ行きたいな。

2 件のコメント:

taka さんのコメント...

すごい!大移動だね!勢いで九州へもおいで!
イベントは作品をだしたのかな?
大忙しだねー。
私もがんばるー!

Sayaka Ishizuka さんのコメント...

勢いで九州まで行きたかったよ〜。
しかし、かなりこの旅はもともと勢いだったので、
丸亀までが行っちゃっただけすごいというか。
直島は、代官山のうつしかがみのミニ作品をちょっとみせてきたよ。一日だけね。